クレジットカードと信用

私は、学生を卒業してクレジットカードを所有できる年齢になったときには、すぐに申請して数枚のクレジットカードを所有しました。その時に手にしたクレジットカードを現在も更新しながら使い続けています。

私の友人にいるのですが、ゴールドの色をしたクレジットカードを財布に入れているのです。確かに仕事での地位もいくらかあるのですが、収入自体はそれ程高いわけではありません。

ゴールドカードは収入に応じて所有できるのではないかと考えていたのに、そうでは無いようです。クレジットカード会社によってはカードの色なんて全く関係なく、年会費が支払うことができれば、シルバーカードやプラチナカードも所有できるようです。

カードの色なんて私たちユーザーが付け足したようなイメージなので、色にそれ程こだわるなら、年会費無料のゴールドカードを探してゲットすることもできるようです。

ただ、そこで大事になってくるのが信用度です。これまでクレジットカードで決済を完了した全ての利用金額がどれだけあるのか?そして、最も大事なのがクレジットカードの引き落とし日に遅れずにお金を準備できているかということ。

カード会社が信用してお金を一時的に立て替えている状態なので、この信用を裏切ることなく真面目に支払っているか?の積み重ねが大事なのだとか。